保育士の給料について

保育士は、近年呼び名が変わりましたが保母さんと呼ばれていた職業です。一般的に、保育園や幼稚園で働く仕事になります。



ただし、保育士でも保育の資格と、幼稚園の教諭の資格は別資格になっています。


保育士は厚生労働省の管轄ですし、幼稚園教諭は文部科学省の管轄になります。


実際に求人を見る場合は、どちらの資格での募集がかかっているのか見る必要があります。


保育士と書かれている場合は、ほぼ間違い無く前者になります。

幼稚園教諭の資格はまた別ですから、職業としては同じ様に思われますが資格や範囲が全く違いますのでお互いの資格の募集には応募出来ません。

さて、給料形態ですが勤め先によって大きく変わってきます。



当然ながら、公立の保育園では雇用主は自治体になります。


ですから、雇用となれば公務員と同じ扱いになってきます。


ですから、給料も公務員並みを期待出来るわけです。反面、私立保育園や認可保育園になる場合は一般的にはかなり低く設定されている場合が多くなっています。



運営にどれだけ、公の費用が入っているかで雇用体系も大きく変わってきますので応募前にしっかりと給料面と、待遇面を確認して置くことが必要です。また業務体系上、残業なども多くなって来る職業になります。
残業代が全て給与に含まれているという話しも良く聞く職種になっています。


ですから、1ヶ月の残業時間数と残業代の支払いなど各種条件をしっかりと確認して納得した上で応募する事をお勧めします。