保育士の給料の実態と厳しさ

正規の職員として働く保育士の給料の相場として、初任給としては15万円程度を設けている所が多いです。

15万円の中から所得税や社会保険などの控除の額を差し引くと、手取りでは12万円程度になります。地方よりも都会にある幼稚園や保育園で働いている保育士の給料が高い傾向で、経験した年数で報酬を上げている事業所が殆どです。



アルバイトとして働いている場合、時給の制度を設けていることが特徴で、時間当たり800円から千円の範囲内で設定している事業所が多いです。アルバイトとして働く保育士は正規の職員に比較して勤務時間や日数を少なくしている傾向で、専業で働くならば1ヶ月当たり10万円から12万円程度の手取り額になる場合が多いです。

一方で働く人の平均的な年収は300万円程度で、公的機関などで働いている保育士は年収が多くなる傾向です。

夏期や冬季の期間によるボーナスも支給されて、給与の体制が充実している傾向です。



男女別で従事している人の割合を比較すると圧倒的に女性の割合が高いが、男女別での待遇を比較して見るとあまり変わらない事が特徴です。

仕事は一般のサラリーマンの業務よりもハードな傾向ですが、運営費などの関係で保育士の給料は高めにならない事で、仕事の厳しさとやりがいなどを考慮して近年は報酬を上げる動きが見られます。



事業所によっては従事する人の数を減少させたり、事業所に入ってくる収入となる運営費を増加させる事で報酬を上げる動きがあります。