保育士の仕事量の増加とその給料

大学で学んだ人が保育士の資格を取得しても、その給料の安さから別の仕事で働くケースが後を絶ちません。

せっかく資格取得をしてもその資格では食べていけるだけの給料がもらえないということで、他の企業等での仕事の方が魅力的に見えてしまうという問題をはらんでいるわけです。



また、保育士を取り巻く社会的なものもあります。特に、年々保育士の仕事量が増大しているのではないかとも指摘されて、働く親の増加とその親が不規則に仕事をしている状況から、保育園の中には夜遅くまで開けておかざるを得ない所もあったりするわけです。


無論、あまりにも夜遅い場合はそもそも対応が出来ないわけですが、それまでは夫の給料だけで生活が出来ていたところが妻も働きに出るようになり、しかも夜遅くまで働かざるを得ない状態のところが多いわけです。



また、そもそも保育園の数が増えていません。


増やしたくてもそもそも賃金などが安く、しかも激務になりやすいことから敬遠されて、なり手がいないという問題を抱えています。

今後も賃金が上がる見込みは立っておらず、少子化と高齢化の中で社会福祉に回せるお金は横ばいか抑制をされる可能性が高いと言えます。

こうした状況から保育士では生活が出来ないとして、他の職種に行ってしまうのも無理はないという話です。



そもそも受け皿となる保育園が少ない地域があること、さらに保育士として働ける場所がなければ、人材不足に拍車がかかるだけでしょう。